【もうコワくない!!】成功するクラウドファンディング~クラファンの神様、キンコン西野さんの今までに学ぶ~

《読む時間:約15分》

どうも!

四国はしまなみ海道が見える町で
ブログを書いているやまそうです!

 

【もうコワくない!!】成功するクラウドファンディング~クラファンの神様、キンコン西野さんの今までに学ぶ~

 

Amazon.co.jp: Audible オーディオブック
Audible オーディオブック ストアの優れたセレクションからオンラインショッピング。

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)
スポンサーリンク
今すぐ質問
やまそうをフォローする

音声配信

工事中・・・

まえおき

クラウドファンディング

なんだそれ!?
聞いたことがない!

っていう人はおそらくかなり減ってきているハズ。

 

これは4年ほど前のデータですが、
クラファンの認知度のデータです。

クラウドファンディングを知っている割合
中国 92.7%
韓国 76.4%
アメリカ 73.7%
日本 49.8%

 

日本のおよそ半分の人が
とりあえずクラファンは知っているという状態です。

中国は92%・・・
どえらい差ですね(笑)

日本人というのは
ほんとうにこういうのに疎いのがよくわかります。

 

さらに利用したことがある人の割合のデータです。

クラファンを利用したことがある
中国 25.0%
韓国 9.2%
アメリカ 23.9%
日本 5.6%

 

見ていただくとわかる通り
他の先進国に比べ認知度も利用率も低いことがわかります。

 

なぜ日本はここまで認知や利用率が低いのか。

それはクラファンに対するイメージなどが関わっていると思われます。

 

そこで今回は「クラウドファンディング」にフォーカスし、

クラファンが決してコワくない、
夢を叶える希望のツールであることをお伝えします。

 

前半戦:クラウドファンディングとは?イメージとポイント
後半戦:成功の鉄則

の前後半2部構成です!

 

心の友
心の友

クラウド・・・なに???

やまそう
やまそう

クラウドファンディング!
ネット上で不特定多数の個人から
お金を支援してもらうシステムのこと。

心の友
心の友

なんだそれ!
詐欺なんじゃねぇのか!?

やまそう
やまそう

その考えは遅れてるよ・・・
たしかにまだ浸透してないけど、
これから当たり前になる!

心の友
心の友

へぇ、そうなのか。
ちょっと勉強してみようかな。

 

【参考書】成功するクラウドファンディング

▼成功するクラウドファンディング

成功するクラウドファンディング | 小田 恭央 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで小田 恭央の成功するクラウドファンディング。アマゾンならポイント還元本が多数。小田 恭央作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また成功するクラウドファンディングもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

【参考動画】中田敦彦のYouTube大学

▼クラウドファンディング前編

▼クラウドファンディング後編

 

(前半戦)クラウドファンディングって?

まずは前半戦スタート。

クラウドファンディングとは何か?
そして現在のクラウドファンディングのイメージのことをお話しします。

クラウドファンディングとは

クラウド(群衆)
ファンディング(資金調達)

 

クラウドファンディングとは、

ネット上で不特定多数の個人からお金を支援してもらうことです。

 

お金を支援してもらうといえば、
今までは銀行や大企業から出資してもらうというのが一般的でしたが、

それを個人レベルでやるのがクラファンです。

 

つまりクラファンとは出資であるということです。

 

クラウドファンディングのイメージ

ネット上で不特定多数からお金を集める・・・

これだけ聞くと

「え、それって詐欺じゃない?」
「え、それって宗教デスカ??」

と思う方もいるかもしれませんが、

 

クラファンは
これから資金調達のデフォルトになります

 

当初はめずらしかったYouTuberが
今や誰もが当たり前のように動画をアップするようになったのと同じです。

 

今までだと

「ラーメン屋を開きたい!」
と思ったら銀行から開業資金を融資してもらうのが一般的で、

それなりの信用やしっかりした事業計画書がなければ
融資してもらえませんでした。

 

しかし

クラファンは銀行ではなく「個人」から、
融資ではなく「応援」という形で支援してもらえるシステムです。

つまり、
あなたの夢を叶える希望のツールであるということです。

 

ただ勘違いしてはいけないのは
クラファンは「金のなる木」ではないということ。

企画を上げたからといって
ホイホイお金が集まるわけではありません。

支援してもらうには
それなりにおさえておくべきポイントがあります。

 

心の友
心の友

へぇ!
クラファンのイメージ変わったかも!

やまそう
やまそう

ならよかった!
なんかあやしい、っていうのがあるけど
けっしてそうじゃないってことやね。

 

日本のクラウドファンディングの認知度、利用率はまだまだ低い
クラウドファンディングとは
あなたの夢を叶える希望のツールである

 

成功するクラウドファンディング!

「クラウドファンディングとはなにか」
「クラファンの日本の認知度や利用率」
「これからクラファンはデフォルト化する」

これらをなんとなく理解していただけましたか?

 

ではここからは
実際にどうすればクラファンを成功させられるのか

そのポイントをお伝えしていきます。

クラウドファンディング、2つの方式

クラウドファンディングには
2つの方式があります。

  • All or Nothing方式
  • All in 方式

この2つです。

 

All or Nothing方式

設定した目標金額に達すればお金がもらえ、
達しなかった場合はノーマネーでフィニッシュ!

というシステムです。

 

All in 方式

目標金額に達しようがしまいが
期限までに獲得できたお金はもらえる

というシステムです。

 

クラウドファンディングを行なえるプラットフォームのほとんどが

All or Nothing方式です。

 

なぜかというと、
こっちの方が盛り上がるからです。

目標金額に達しそうな企画があったら、

「もうすぐ目標達成じゃん!がんばれ!」
「目標いかなかったらこの人の夢が崩れる・・・
オレも支援しよう!」

このような盛り上がりが生まれるんです。

 

ただし、

もちろん目標金額に達しなかったら
ノーマネーでフィニッシュという失敗の可能性もあります。

まぁ、
この点がメリットでありデメリットですね。

 

でも大丈夫です。

失敗のリスクがあるとはいえ、
今回の参考書の著者は

「クラウドファンディングは何度してもいい」
と言っています。

 

なぜなら、
何度もすることでどんどん上達していくからです。

 

上達すると成功確率が上がり
お金も集めやすくなります。

 

しかも失敗しても罰金があるわけじゃないし、
失うものはないんです。

挑戦するしかないですよね。

 

心の友
心の友

失敗しても大丈夫なんだな!

やまそう
やまそう

そう!
失敗したらどうしよう・・・
という不安をかかえる人は多いかもしれないけど、
失敗しても罰はないんよ。

心の友
心の友

なんだか挑戦したくなってきたぞ!

やまそう
やまそう

まぁ落ち着いて。
リスクはないとはいえ、成功しないと意味がない。
ここからはどうやったら成功確率が上がるかを見て行こう!

 

クラファンはノーリスク。
やりたいことがあるなら、挑戦しない手はない!

 

成功するコツ

クラウドファンディングを成功させるには

理解度」「本気度」「丁寧さ

これらがポイントとなります。

 

理解度

企画の伝え方
リターン設定の仕方など、

クラファンの基本を理解しているかどうか。

 

本気度

ただなんとなく
「お金が集まればいいかな・・・」ではなく、

「集まったお金で世の中の役に立ついいことに使うんだ!!」
っていう本気度があるかどうか。

 

丁寧さ

サイトの作りこみや伝え方の丁寧さ。

 

今回はこの中からとくに「理解度」
これに着目してお伝えします。

 

成功と失敗を分けるのは「理解度」

クラウドファンディングを成功させるには、

クラファンに対する理解度が重要です。

 

その理解度を深めるために、
「資金調達の基本」という形で、

大枠と細部に分けてポイントをお伝えします。

 

資金調達の基本(大枠)

まずは大枠として次の3つ

  • 目標設定
  • タイトル
  • リターン

のお話です。

 

目標設定

まずは目標金額を設定します。

が、いきなり高い目標を掲げても、ね。

 

「記念すべき初ファンディングの目標設定は・・・・・・2億円です!!」

「いやいや、ムリでしょ(笑)」ってなりますよね。

 

なのでまずは「プレテスト」ということで
小さめの目標設定をし、

「今、自分にはどれくらいの資金調達力があるのか」
を測っておくのがいいです。

 

「カフェをオープンさせる」という最大の目標に対し

いきなり全体に必要な資金を調達しようとするのではなく、

まずは「カフェで使うコーヒーマシン購入の資金を調達する」といった
小目標のクラファンをしてみるんです。

 

そしてそれを皮切りに
どんどんと規模を大きくしていきます。

 

すると自分のクラファンの実力も上がり、
支援者数も増えていくことが期待できます。

 

目標金額設定において注意すべき点があります。

手数料と消費税です。

 

手数料はプラットフォームによって違いますが、

たとえば手数料で獲得金額の20%をもっていかれる場合、
もちろんその分を考慮した目標設定にしないといけません。

 

消費税も同様です。

 

クラファンの理解を深める①
【目標設定】
はじめは低く。徐々に上げていきましょう!
手数料や消費税に気をつけて。

 

タイトル

タイトルは

なにがしたいのか、どんな企画なのかが
明快にわかるようにしないといけません。

ポイントは「未来像を見せる」こと。

 

これを1行に集約しないといけませんので、
けっこう難しいと思います。

 

たとえば
あなたが貧しい国に学校を作りたいとして、

タイトルが
「〇〇に小学校開校」
だと、ちょっとものさみしいですよね。

学校つくるのはわかるけども、みたいな。

 

これを、
「〇〇のこどもたちの10年後を照らしたい!」
に変えてみたらどうでしょう。

こっちの方が惹かれますよね。

 

学校をつくるかどうかはタイトルからはわかりませんが、

「貧しい国のこどもたちを救いたい」
というのは伝わってきます。

気になって中を見たら
「あ、学校つくるのね」ってわかってもらえるわけです。

 

クラファンの理解を深める②
【タイトル】
明快に未来像がわかるタイトルに!

 

リターン

リターン設定。ここかなり重要です。

細かい重要なところは
後半の「成功の鉄則」の部分でお伝えします。

 

ここでは製作費や発送料など、
リターンにかかる費用を考えないといけない。

ということをまず理解しておいてください。

 

たとえば1000円の支援のリターンとして
「オリジナルマグカップをさしあげます」というリターンを設定したとします。

このマグカップを作るのにかかる制作費用や、
送るのにかかる配送料で1000円を越えてしまっては意味がない。

そういうことです。

 

クラファンの理解を深める③
【リターン】
リターン設定はリターンにかかる費用も考慮して!
詳しくは後半で。
ここまでは・・・
クラファンの理解を深める。資金調達の基本(大枠)
・目標設定
・タイトル
・リターン

 

資金調達の基本(細部)

ここまではクラファンの理解を深めるため、

クラファンの大枠をお話ししました。

 

ここからは中身のお話。
細部3つです。

  • 概要説明
  • 画像、動画
  • PR

 

概要説明

どのような企画なのかを説明するのが概要説明。

ここでやってはいけないのが、
長々、たらたらと説明すること。

 

「わたしは愛媛県今治市の出身です。
わたしは幼いころの経験から・・・」

なんて説明だったら
読むのイヤになりません?

いったい何の話を何分聞かされるんだよ、と。

 

ポイントはそのプロジェクトの

理由、中身、未来を簡潔明瞭に伝えること

 

どういった理由で立ち上げ、
どんなプロジェクトで、
将来どうなるのか。

これを簡潔に伝えましょう。

 

長ーーい文章を書くのはNGです。

 

クラファンの理解を深める④
【概要説明】
長い説明はNG。理由、中身、未来を簡潔に伝えよう!

 

画像、動画

シンプルにプロジェクトページには
画像と動画を使いましょう!

ということです。

 

これは見る人への伝わりやすさに関係し、
それが成功率に直結しているようです。

 

動画を載せていないプロジェクトの成功率は30%、
乗せているものは50%

というデータもあるそうです。

 

クラファンの理解を深める⑤
【画像、動画】
プロジェクトページは画像や動画で伝わりやすさを!

 

PR

クラファンには3回、
PRをするタイミングがあります。

それは、

クラファンを始めたとき
目標達成!成功したとき
プロジェクトを実行したとき

です。

 

これらをSNSやメール、イベントを使ってPRしましょう。

SNSでQ&Aをしたり、
イベントを開催してクラファンの支援をお願いしたり。

ただしれっと始めるだけでは
成功する確率は低いです。

 

クラファンの理解を深める⑥
【PR】
PRできるタイミングを逃さずPRしよう!

ここまでは・・・

クラファンの理解を深める。資金調達の基本(細部)
・概要説明
・画像、動画
・PR

 

心の友
心の友

お、おお・・・
ちょっと頭から煙吹きそうだ・・・

やまそう
やまそう

整理すると、
基本としておさえるべき大枠と細部。
大枠は「目標設定」「タイトル」「リターン」。
細部は「概要説明」「動画」「PR」。

やまそう
やまそう

わかりやすく言うと、
「大枠」で家を作って、
「細部」で家具やインテリアをそろえるような感覚かな。

心の友
心の友

お、おお・・・
なるほど・・・

ヤバいヤツ
ヤバいヤツ

こんなこともわからないのか、貴様。

心の友
心の友

うるせぇ!!

 

(後半戦)成功の鉄則

ここからが後半戦。
成功の鉄則です。

今回の参考書の著者の実体験から得た鉄板の法則を、
クラファンの神様、キンコン西野さんの事例とともに見ていきます。

これからお伝えするのは次の3つ。

  • 募集期間
  • リターンの使い分け
  • 初速の20%、ダメ押しの60%

 

心の友
心の友

ギャー!!
もうやめてくれぇー!

ヤバいヤツ
ヤバいヤツ

うるさい・・・

やまそう
やまそう

もう少しだからガンバ!(笑)

募集期間

クラファンには募集期間というものがあります。

 

期間は自分で設定できるのですが、
どのような期間に設定すればいいのか。

なんとなく長い期間の方がよさそうな気がしますよね。

 

ここでのポイントは、

クラファンには、チャンスは2回ある。

ということ。

 

どういうことかというと、

クラファンは支援額がグッと伸びるタイミングが2回あり、
それが最初と最後、ということです。

 

最初に「なんか始まった!」と支援がグッと伸び、
最後は「もうすぐ締め切りなのに達成してないじゃん!がんばれ!」でグッと伸びる。

 

この2点間の距離が長いと
いわゆる中だるみ状態になってしまい、

道中で「これはもう伸びないかも・・・」と挫折したり、
支援する側もなんか気が乗らないような状態になります。

 

なので期間は短め、
短期決戦1か月以内です。

長くても2か月ですね。

 

成功の鉄則①
【募集期間】
募集期間は短く。短期決戦で勝負!

 

リターンの使い分け

前半戦でも少し触れたリターン。
このリターンの設定は非常に大事です。

 

前半戦ではリターンにかかるコストについて触れましたが、
後半戦ではさらに細かく、

どのような価格設定にするか
少額リターンと超高額リターンの役割

そんなお話です。

 

「支援者数100人で100万円集まった!」
と聞くと、

なんとなく「1人1万円支援したのかな。」
と思うでしょうが、中身を見るとそうではない場合がほとんどです。

 

極端に言うと、

99人が1000円のリターンを買い、
残り1人が90万1000円のリターンを買っている場合もあるんです。

むしろこっちのパターンの方がいい。

 

支援する側にも事情があります

 

50万円のリターンしか用意していないと、

お金に余裕がない人は
「支援したいけどこれじゃあオレは支援できないな・・・」

となります。

 

逆に500円のリターンしか用意していないと、

ドカッと支援したい人は
「これじゃあ支援のしがいがないな・・・」

となってしまうんです。

 

つまるところ、

リターンの価格設定は幅広く設定すべきなんです。

 

500円~3000円くらいの低額リターンは
お手軽に支援したい人向けに、

10万円~などの超高額リターンは
ドカッと支援して特別感を得たい人向けに。

 

ここで少し、
少額リターンと超高額リターンの役割を整理します。

 

少額リターン

手軽に支援したい人向け。
「総支援者数」に大きく貢献してくれる。

手軽に支援したい人はたくさんいます。

 

超高額リターン

ドカッと支援して特別感を得たい人向け。
「支援金額」に大きく貢献してくれます。

2:8の法則。
高額支援者は
「売上の8割は2割のお客様が作っている」ような状態をつくります。

さらに高額支援者は特別感を得たいので、
用意するリターンの数は少なく設定するのが基本。

【100万円(のこり2つ)】
のような感じです。

【100万円(数量限定なし)】
だと特別感ないですよね。

 

こちらはクラファンの神様、
キンコン西野さんが行なったいちばん最初のクラファンの結果数値です。

【タイトル】NYで個展を開く
【目標金額】150万円
【期間】2週間
【達成金額】531万円
【支援者数】585人
【うちわけ】
500円 79人
3000円 242人
8000円 100人1万円 30人
1.5万円 30人
3万円 47人
10万円 4人
30万円 3人

この数値から、

支援者数の約72%は8000円以下の少額リターンを購入しており、

支援金額の約80%は1万円以上の高額リターン購入者が占めていることがわかります。

 

少額リターン=支援者数貢献
高額リターン=支援金額貢献

がはっきりと見てとれますね。

 

成功の鉄則②
【リターンの使い分け】
少額リターンと高額リターンの役割を理解しておこう!

 

初速の20%、ダメ押しの60%

最後です!
がんばりましょう!

 

初速の20%、ダメ押しの60%

 

これは、まずざっくり伝えると

クラファンスタート3日以内に達成率20%いった企画は、
失敗確率が17%しかない。

さらに達成率が60%いくと、失敗確率は6%しかない。

ということです。

 

これを少し詳しく見ていきましょう。

 

初速の20%

クラファン開始3日以内に達成率20%いけば
17%しか失敗しません。

逆にいうと83%は成功する企画になれるということです。

なぜなら、支援する人は
「これは伸びそうな企画だな」
という企画に支援したくなるからです。

 

しかし、
もちろんただただ企画を上げるだけでは厳しいものがあります。

 

どうすれば初速でグッと伸ばせるのか。

それは事前告知にかかっています。

 

「実はクラファン始めました!」
みたいなサプライズ的ではスタートダッシュは切れません。

 

「クラファンやりますお願いします!」
「クラファンやりますお願いします!」

と、まるで政治活動のように事前告知をしておくことが大事です。

 

事前告知をした上で
「ではやります!」とスタートさせれば
スタートダッシュを切れる可能性が上がるのです。

 

ダメ押しの60%

ここでのポイントは「再購入

 

達成率が60%いけば、達成まであと少しです。

もうすでに支援してくれた人は
当然あなたを応援しています。

そこで「あと少しで達成なんです!」とアピールすれば、

「よしあと少しか、もういっちょ購入するか!」
と再購入する気持ちになるそうです。

 

そして中盤で達成率60%いった企画は
6%しか失敗しません。

94%は成功する企画になるのです。

 

60%いったら、ダメ押しです。

 

成功の鉄則③
【初速の20%、ダメ押しの60%】
事前告知でスタートダッシュ!
あと少し!でダメ押し!

 

心の友
心の友

成功の鉄則は・・・
えーーと・・・

やまそう
やまそう

募集期間、
リターンの使い分け、
初速20%ダメ押し60%ね!

心の友
心の友

あ、そうだそうだ!

やまそう
やまそう

しっかりしっかり(笑)

ヤバいヤツ
ヤバいヤツ

いい加減にしろ・・・

心の友
心の友

はい、すみません。。。

 

成功の鉄則おさらい
◆募集期間は短期決戦!
◆少額・高額リターンを使い分ける!
◆初速とダメ押しを大事に!

 

クラファンの神様、キンコン西野亮廣

クラウドファンディングの先駆者といえば、

キングコングの西野亮廣先生です。

 

西野さんはクラファンを

2013年に1回、2016年に1回、
2017年に3回の計5回行なっており、

その後は2021年までに30回もの企画を上げています。

 

スタートはゆっくりと、
コツをつかんで来たら一気に加速しています。

 

金額も最初は500万円ほど、
そして今は5000万、6000万を集めるほどになっています。

 

かつては
「不特定多数からお金を集める!?詐欺だ!!宗教だ!!」
と叩かれていた西野さんですが、

今や西野さんは日本でいちばんの支援金額をほこる
クラファンの神様となっています。

 

西野さんがキャンプファイヤーという
プラットフォームを使っていたころの履歴が残っています。

ぜひご覧ください。

▼西野さんのクラファン戦歴

nishinoのプロジェクト
キングコングの西野亮廣です。漫才をしたり、絵本を描いたりしています。

 

まとめ

徐々に浸透しつつある
クラウドファンディング。

 

「不特定多数からお金を集めるなんて・・・」
のようなマイナスイメージや

「失敗したらどうしよう」
という不安がまだぬぐい切れていませんが、

 

クラウドファンディングは
これからの資金調達のデフォルトになります。

 

それは不動の未来です。

 

偏見や不安を感じているならなおのこと、
実際にやってみてはいかがでしょうか。

 

心の友
心の友

たしかに、知らないから不安なわけで、
じゃあやってみたらいいよな!

やまそう
やまそう

そうやね!
やってみるのがいちばん!

 

 

今回の参考書はこちら!
1ミリでも気になったらチェック!

▼成功するクラウドファンディング

Amazon.co.jp: 成功するクラウドファンディング―――「あったら楽しそう」のワクワク感にお金が集まる eBook: 小田恭央: Kindleストア
Amazon.co.jp: 成功するクラウドファンディング―――「あったら楽しそう」のワクワク感にお金が集まる eBook: 小田恭央: Kindleストア

 

やまそう
やまそう

あなたの貴重な15分間を
ありがとうございました!
本日は以上でーす!

コメント

タイトルとURLをコピーしました